医薬品の個人輸入代行が安いわけ

多くの人々が利用している医薬品の個人輸入代行の最大のメリットというとやはり安さにあります。
医薬品のなかには健康保険の適応外であるものも少なくなく、そうなると全額自己負担となってしまうのです。
定期的に利用する医薬品で全額自己負担となると金銭的な負担が非常に大きいのです。
しかし、個人輸入代行ならば国内で購入するよりも安いケースが非常に多くあります。

なぜ安いかというと、そこには大きく2つの理由が挙げられます。
一つは日本で認可されていないジェネリック医薬品を入手できることです。
各国の法律の関係上、同じ有効成分が同じ用量が含まれていても国内では販売できるものとそうでないものがあります。
特に知的財産権についての考え方が国によって大きな違いがあることが少なくありません

そのため、個人輸入の代行者が海外で買ったものを日本国内に輸入してもらうわけです。
ジェネリック医薬品であるため、その輸送料を込みでも日本国内で購入するよりも5分の1から10分の1のコストで購入することができます。
また個人輸入代行で扱っているサイトのなかには、有効成分の種類や用量だけでなく、日本国内で販売されている同じメーカー・同じ製品を扱っているものもあります。
つまり全く同じものですが、値段が個人輸入代行のほうが安いことがあるのです。
これは主に特定の海外でしか製造されていない医薬品で国内で認可されているものもその国から輸入しなくてはならない、いわゆる輸入医薬品と呼ばれるものです。
ただし、国内で販売されている輸入医薬品の多くはいくつもの代理販売店の手に渡って、最終的に医師や薬剤師の手から直接消費者の手に渡されるのです。

その代理販売店の手数料や医師の診療代や薬剤師の調剤費などの中間コストが加算されていって高額な値段になってしまうことが多くあります。
一方、個人輸入代行は代行者が海外で調達して日本国内にいる消費者に直接に発送します。
かかる費用は、医薬品の代金と代行者への手数料、あと郵送料の3つだけです。
そのため、同じ海外医薬品であっても国内で購入するのと個人輸入代行で購入するのとでは価格が全然違ってくるのです。
その差は医薬品によっても違いますが、数千円の差となることが多くあります。

このように、医薬品の個人輸入代行は大きく海外ジェネリック医薬品と中間コストのカットから安く購入することができるのです。
もしも個人輸入代行を利用するときは、なるべく早めに注文をしておくことをオススメします。
というのも、国内で購入するときはその場で受け取ることができますが、輸入代行は注文してから約1週間後くらいに自宅に届くからです。
その間、必要とする医薬品がないという事態に陥らないように、手元にある医薬品がなくなりそうになったらすぐに注文しておくことが大切です。

そうしておけば、常に医薬品を手元にある状態で、必要なときに必要な分だけ利用することができます。

医薬品の個人輸入代行業者が、注目を集めています。

育毛剤や精力剤、避妊薬やダイエット医薬品は、使っている事実を他人に知られたくないものです。
その為、海外から医薬品の個人輸入代行業者を通じ、個人輸入する人が増えています⇒薬の個人輸入とは?
こちらのサイトには、医薬品の個人輸入代行業者の選び方、個人輸入するメリット等、私達が知りたいと思う情報が事細かに記載されています。
これから医薬品の個人輸入代行を検討されている方には、分かりやすく纏められていて、何をどうすれば良いのかが分かるのでお勧めです。

海外から医薬品、ジェネリック品を個人輸入する人が増えています

今、海外から医薬品や、ジェネリック品を個人輸入し、症状の改善を目指す人が増えています。
その殆どが、ED(勃起不全)やAGA(男性型脱毛症)の治療薬、ダイエット医薬品、避妊薬等、出来る事なら使っている事を知られたくないと考えるものが多くを占めます。
ED治療薬やAGA治療薬を手に入れる場合、医師の診察を受けて処方して頂く必要があります。
ところが個人輸入代行業者を使ってそれらを手に入れる場合、医師の診断書、処方箋は必要ありません。
私達人間は、誰もが尊厳やプライドというものを持っています。

なかには医療従事者に対してさえ、これらの症状で悩んでいる事を打ち明けたくない人もいて、そういった方々が個人輸入代行業者を通じて、手に入れているの
です。
インターネットで検索すると、数多くの個人輸入代行業者があり、どこから医薬品やジェネリック品を個人輸入すれば良いのか、迷ってしまいがちです。
個人輸入代行業者を選ぶポイントは幾つかあります。
まず何より、大手の個人輸入代行業者を選ぶ事をお勧めします。
いわばプロと呼べるスタッフが在籍していますので、面倒な手続き等を代行してくれるので、手間を省く事が出来ます。

次に、100%正規品(純正品)のみを取り扱っている個人輸入代行業者以外は、選択しないほうが賢明です。

配送元の薬剤師が厳しい検査を行っており、メーカーの正規品以外は届かないシステムになっているからです。
海外医薬品、ジェネリック品は、国内で手に入れるより破格と呼べる値段で、手に入れる事が出来ます。
それに加え、手数料や送料無料で私達の手元に届けて下さるところが殆どです。
消費税が増税され、物価も値上がりする傾向にある中で、個人輸入代行業者を使って海外の医薬品やジェネリック品を取り寄せても、消費税は掛かりません。
上手に活用する事で、家計にもプラスの作用を働かせる事が出来るでしょう。
ところがなかには、偽物を掴まされてしまう恐れがあり、その影響が懸念されているのです。
偽物は、どのような環境で製造され、どのような成分が混じっているか分かりません。

人体に対し、悪影響を与えてしまう恐れがありますので、出来れば避けて頂きたいものです。
また、せっかくお金を払ったにも関わらず、商品が届かないと不快な気持ちになってしまいますので、100%配送補償している個人輸入代行業者の利用をお勧めします。
注文した後、商品が届くかどうか不安な気持ちで待つというのも、辛いものがあります。

それを軽減出来る点が、メリットであると言えます。
個人輸入代行業者の多くが、プライバシーには徹底的に配慮しています。
商品名も記載されていませんので、中身が何なのか、家族にさえ分からないように梱包されているのです。
郵便局留めも可能なので、安心して購入出来る点が嬉しいですね。
悩みが解決する方向に向かうことで、曇っていた表情が明るくなり、前向きに生きていく事が出来ます。
ぜひ検討してみて下さい。

AGA治療薬を海外から入手してみました

インターネットの普及により、最近は海外医薬品を手軽に輸入できるようになりました。
かつては個人で全ての手続きなどをしていたようですが、今は基本的に医薬品の個人輸入代行サイトを利用するのが一般的になっています。
私も先日、大手のサイトからAGA治療薬を購入しました。
使用した感想を言わせてもらうと、あまり海外から輸入しているという感覚はありません。

サイトも日本語で書いてありますし、商品の説明や注意事項なども当然日本語ですから、どんな薬なのか事前に把握してから注文できるようになっています。
そういう意味では日本で医薬品の通販をしているのとあまり変わりはないと思っても構わないでしょう。
実際、手続きは全て業者が引き受けてくれますし、お客側としては目的の医薬品をクリックして買い物カゴに入れ、あとは送付先情報を入力して支払いを済ませるだけです。

支払いに関してはほとんどのサイトがMASTER、VISA、JCBなど大手クレジットカード払いに対応しているので便利ですし安心です。
また、クレジットカードが使えるということは、会社に信頼されていないといけませんから、利用できる業者であれば業務内容や経営状態も良好という証だと考えて間違いないでしょう。
肝心の医薬品に関しても、最近はどこの業者も正規品であるかどうかのチェックを厳しくしていますし、大手の中には薬剤師による独自の成分検査まで行っているので、余程のミスがない限りは偽者をつかまされるということはないと思います。
もし、医薬品の評判が気になるようでしたら、商品レビューを読むといいでしょう。

大手であれば利用者の数も多いので、レビュー数も豊富です。
使用感から使い方、それに効果や副作用まで書いてありますから、購入前はもちろん購入後も参考にしてみてください。
私も購入したAGA治療薬がジェネリックだったので、商品レビューを読んでもっても評判の良いものを選びました。

おかげで効果を実感できていますし、一気にまとめ買いもできたので、コストも下がって大助かりです。
ちなみに、商品が自宅まで届くのは、およそ1週間前後です。
海外からの発送ということで状態が気になりますが、私が使用している感覚では梱包もきちんとされていました。
また、多くの医薬品の個人輸入代行サイトでは、外から中身が分からないように包装に気を遣ってくれています。
商品名も記載されていないので、宅配の配達員に中身が知られることはありません。
もっとも私の場合は、妻にAGA治療薬を買ったことがバレると、家計的な意味で文句を言われてしまうので郵便局留めにしてもらいましたが、家族にも知られたくない方は是非利用してみてください。
医薬品の個人輸入代行サイトは、これから益々発展していくと思います。
医薬品をネットで購入して使用するするのは当然自己責任ですが、法的にもちゃんと認められている方法なので、これからも賢く利用して海外医薬品を手に入れていきたいですね。

信頼出来る個人輸入代行業者の見分け方

日本では正社員として仕事に就く事が出来れば、健康保険料の半額分は会社が負担してくれるのは当然で、法律で義務付けられているからです。
具体的には、健康保険法の第百六十一条、あるいは厚生年金保険法の第八十二条で、保険料の負担及び納付義務として定義されています。
しかし、非正規社員には上に挙げた法律は該当しません。
ですから、一般に健康保険料を納めて医師の診察と処方箋薬を3割負担で貰えるようにしたいのは山々だけれども、そのような金銭的な余裕が無いという人は存在します。
10割負担をすれば処方箋薬まで出してくれるかも知れませんが、病気の種類によっては大変な高額になるのは、火を見るより明らかです。
しかし対応策はあるもので医薬品の個人輸入代行業者を利用して、自分で治療をするという方法があります。
この場合に保険証や処方箋が無ければ医薬品を提供して貰えないのではないか、と考える人がいるかも知れませんが、両方とも必要ありません。

医薬品の個人輸入代行業者は今や沢山あり玉石混淆という状態ですので、中には偽物を販売している業者も皆無ではありませんが、良質な業者を見極めるある程度の見分けるポイントは、次のような所です。
一つ目としては、長い歴史のある個人輸入代行業であるかという事です。
どの様な商売にも当てはまりますが仕事を通じて実績を作り、そこから信頼を顧客から勝ち取らなければ会社経営をして行く事は叶いません。
勿論、個人輸入代行業としての歴史が浅くとも良質な会社はあるでしょうが、医学や薬学を修めていない一般人にとっては、良質な個人輸入代行業者を見極める事は難しいので一つの指針としては役立ちます。
二つ目は、個人輸入代行業はインターネット上に仮想店舗を作り、いわゆるネット通販をする形で商品を販売する事になりますが、本社のある住所・経営者の名前等の表記がWEBページの一番下やトップページ等にリンクが張られているのが一般的です。
しかし、中にはそれらの表記が見つからない業者は取引きを避けた方が無難です。
三つ目は、海外の医薬品は格安である事が多いのですが、幾つかの業者の同じ商品と比較して、異常とも言える程に安い場合は、偽物である可能性が高いのでその業者との取引きは避けましょう。
四つ目は、医薬品の成分鑑定書を一般にオープンにしているかをチェックします。
なぜなら、この成分鑑定書をオープンにしている業者は多く無いのです。
したがって、これは自信があるから出来る事と考えて、良いのではないでしょうか。
五つ目は、きちんとセキュリティ対策がなされているか否かです。
WEBサイトから注文をする場合には、氏名・住所・電話番号等に始まり、クレジットカードの番号等を守るには、一般にSSLという暗号化対策を行います。
商品を選んでカートに入れ注文をする段階でURL欄の冒頭にカギマークが付き、そしてhttp:からhttps:へと変化し、かつhttpsの文字が緑色であれば暗号化対策がなされいるという事です。
更に言えば、信頼できる第三者のお墨付きのページである事の証明になります。
そして、注文が確定して送信されるデーターは、暗号化されて送られるので安全です。
以上の点を全てクリアしている業者であれば、信頼出来る業者であり、安心して取引きが出来るでしょう。

海外の医薬品はとてもリーズナブル

健康に毎日を過ごすためにも医薬品の存在および購入はかかせないものです。
現在多くの人が体に不調を覚えた際には病院に行って医師の処方箋を受けて調剤薬局に行くか、町のドラッグストアで購入される方が多いです。
しかし病院に行ってお薬を手に入れるためには医師の診察代と調剤薬局でのお薬の購入でいくら保険がある、とはいえかなりお金がかかってしまいます。
またドラッグストアで販売されているお薬は一類医薬品でもないかぎりは効果があまり期待できません。
また病院に行った場合はかなりの待ち時間があり、時間が無駄になってしまうことも多く病院に行った後に調剤薬局に行くという2重の手間を面倒に感じる方も多いです。
そのため効き目のあるお薬を購入するためにはかなりお金がかかってしまいます。
しかし海外の医薬品を購入することができる個人輸入代行サイトから医薬品を購入することで、とてもリーズナブルなお値段で高い効き目のある医薬品をスムーズに手に入れることができます。
海外の医薬品で開発費がかかっていないリーズナブルなジェネリック医薬品が多くあり、日本の調剤薬局でも最近ではすすめられることも多いです。

海外で製造されている、というところもリーズナブルなお値段になっているひとつの理由です。
海外では当たり前のようにつかわれており、政府でも推奨しているので安心です。
海外の医薬品だからといって不安な方も安心して服用することができます。

現在たくさんの個人輸入代行サービスが存在します。
語学が苦手な方や税関や手続きの問題など普段行わないことなどの面倒なことはすべて代行業者が行ってくれるサービスです。

現在ではインターネットを利用することで誰でも簡単にスムーズにリーズナブルなお値段で医薬品を購入することができます。
医薬品の節約、ということはなかなかできません。
たとえできたとしても現在の病気がかなり悪化してしまったり、日常生活に支障がでてきたりと決して結果的なメリットはありません。
かえって高くついてしまうこともあります。
そのためも自分自身の体に不調を覚えたら病気を調べたりいつも医師から処方されているお薬があれば、個人輸入代行サービスを利用して同じものを手に入れることでかなり医療費や医薬品にかけているお金を節約することができます。
個人輸入代行サービスならば医師の処方箋も不必要で自宅まで医薬品が届くのでとても便利です。
主にインターネットで取引が行われるため、忙しいお勤めの方やなかなか病院に行く時間が確保できない方も安心して、効果の高いお薬をつかって症状改善にむけて行動することができます。
ひとつ注意が必要なところは海外医薬品は日本で未承認の医薬品があることです。
こうしたものの服用は自己責任となっています。
きちんと決められた量を決められた時間にきちんと服用することがあり、勝手に自分でかえてしまうと健康を害してしまうこともあります。
健康な身体でいることはいくつになっても大切です。
また今の体が自分の未来をつくっていくのです。
健康に毎日を過ごすためにも個人輸入代行および海外医薬品の存在はかかせません。