信頼出来る個人輸入代行業者の見分け方

日本では正社員として仕事に就く事が出来れば、健康保険料の半額分は会社が負担してくれるのは当然で、法律で義務付けられているからです。
具体的には、健康保険法の第百六十一条、あるいは厚生年金保険法の第八十二条で、保険料の負担及び納付義務として定義されています。
しかし、非正規社員には上に挙げた法律は該当しません。
ですから、一般に健康保険料を納めて医師の診察と処方箋薬を3割負担で貰えるようにしたいのは山々だけれども、そのような金銭的な余裕が無いという人は存在します。
10割負担をすれば処方箋薬まで出してくれるかも知れませんが、病気の種類によっては大変な高額になるのは、火を見るより明らかです。
しかし対応策はあるもので医薬品の個人輸入代行業者を利用して、自分で治療をするという方法があります。
この場合に保険証や処方箋が無ければ医薬品を提供して貰えないのではないか、と考える人がいるかも知れませんが、両方とも必要ありません。

医薬品の個人輸入代行業者は今や沢山あり玉石混淆という状態ですので、中には偽物を販売している業者も皆無ではありませんが、良質な業者を見極めるある程度の見分けるポイントは、次のような所です。
一つ目としては、長い歴史のある個人輸入代行業であるかという事です。
どの様な商売にも当てはまりますが仕事を通じて実績を作り、そこから信頼を顧客から勝ち取らなければ会社経営をして行く事は叶いません。
勿論、個人輸入代行業としての歴史が浅くとも良質な会社はあるでしょうが、医学や薬学を修めていない一般人にとっては、良質な個人輸入代行業者を見極める事は難しいので一つの指針としては役立ちます。
二つ目は、個人輸入代行業はインターネット上に仮想店舗を作り、いわゆるネット通販をする形で商品を販売する事になりますが、本社のある住所・経営者の名前等の表記がWEBページの一番下やトップページ等にリンクが張られているのが一般的です。
しかし、中にはそれらの表記が見つからない業者は取引きを避けた方が無難です。
三つ目は、海外の医薬品は格安である事が多いのですが、幾つかの業者の同じ商品と比較して、異常とも言える程に安い場合は、偽物である可能性が高いのでその業者との取引きは避けましょう。
四つ目は、医薬品の成分鑑定書を一般にオープンにしているかをチェックします。
なぜなら、この成分鑑定書をオープンにしている業者は多く無いのです。
したがって、これは自信があるから出来る事と考えて、良いのではないでしょうか。
五つ目は、きちんとセキュリティ対策がなされているか否かです。
WEBサイトから注文をする場合には、氏名・住所・電話番号等に始まり、クレジットカードの番号等を守るには、一般にSSLという暗号化対策を行います。
商品を選んでカートに入れ注文をする段階でURL欄の冒頭にカギマークが付き、そしてhttp:からhttps:へと変化し、かつhttpsの文字が緑色であれば暗号化対策がなされいるという事です。
更に言えば、信頼できる第三者のお墨付きのページである事の証明になります。
そして、注文が確定して送信されるデーターは、暗号化されて送られるので安全です。
以上の点を全てクリアしている業者であれば、信頼出来る業者であり、安心して取引きが出来るでしょう。

Comments are closed.