AGA治療薬を海外から入手してみました

インターネットの普及により、最近は海外医薬品を手軽に輸入できるようになりました。
かつては個人で全ての手続きなどをしていたようですが、今は基本的に医薬品の個人輸入代行サイトを利用するのが一般的になっています。
私も先日、大手のサイトからAGA治療薬を購入しました。
使用した感想を言わせてもらうと、あまり海外から輸入しているという感覚はありません。

サイトも日本語で書いてありますし、商品の説明や注意事項なども当然日本語ですから、どんな薬なのか事前に把握してから注文できるようになっています。
そういう意味では日本で医薬品の通販をしているのとあまり変わりはないと思っても構わないでしょう。
実際、手続きは全て業者が引き受けてくれますし、お客側としては目的の医薬品をクリックして買い物カゴに入れ、あとは送付先情報を入力して支払いを済ませるだけです。

支払いに関してはほとんどのサイトがMASTER、VISA、JCBなど大手クレジットカード払いに対応しているので便利ですし安心です。
また、クレジットカードが使えるということは、会社に信頼されていないといけませんから、利用できる業者であれば業務内容や経営状態も良好という証だと考えて間違いないでしょう。
肝心の医薬品に関しても、最近はどこの業者も正規品であるかどうかのチェックを厳しくしていますし、大手の中には薬剤師による独自の成分検査まで行っているので、余程のミスがない限りは偽者をつかまされるということはないと思います。
もし、医薬品の評判が気になるようでしたら、商品レビューを読むといいでしょう。

大手であれば利用者の数も多いので、レビュー数も豊富です。
使用感から使い方、それに効果や副作用まで書いてありますから、購入前はもちろん購入後も参考にしてみてください。
私も購入したAGA治療薬がジェネリックだったので、商品レビューを読んでもっても評判の良いものを選びました。

おかげで効果を実感できていますし、一気にまとめ買いもできたので、コストも下がって大助かりです。
ちなみに、商品が自宅まで届くのは、およそ1週間前後です。
海外からの発送ということで状態が気になりますが、私が使用している感覚では梱包もきちんとされていました。
また、多くの医薬品の個人輸入代行サイトでは、外から中身が分からないように包装に気を遣ってくれています。
商品名も記載されていないので、宅配の配達員に中身が知られることはありません。
もっとも私の場合は、妻にAGA治療薬を買ったことがバレると、家計的な意味で文句を言われてしまうので郵便局留めにしてもらいましたが、家族にも知られたくない方は是非利用してみてください。
医薬品の個人輸入代行サイトは、これから益々発展していくと思います。
医薬品をネットで購入して使用するするのは当然自己責任ですが、法的にもちゃんと認められている方法なので、これからも賢く利用して海外医薬品を手に入れていきたいですね。

Comments are closed.