医薬品の個人輸入代行が安いわけ

多くの人々が利用している医薬品の個人輸入代行の最大のメリットというとやはり安さにあります。
医薬品のなかには健康保険の適応外であるものも少なくなく、そうなると全額自己負担となってしまうのです。
定期的に利用する医薬品で全額自己負担となると金銭的な負担が非常に大きいのです。
しかし、個人輸入代行ならば国内で購入するよりも安いケースが非常に多くあります。

なぜ安いかというと、そこには大きく2つの理由が挙げられます。
一つは日本で認可されていないジェネリック医薬品を入手できることです。
各国の法律の関係上、同じ有効成分が同じ用量が含まれていても国内では販売できるものとそうでないものがあります。
特に知的財産権についての考え方が国によって大きな違いがあることが少なくありません

そのため、個人輸入の代行者が海外で買ったものを日本国内に輸入してもらうわけです。
ジェネリック医薬品であるため、その輸送料を込みでも日本国内で購入するよりも5分の1から10分の1のコストで購入することができます。
また個人輸入代行で扱っているサイトのなかには、有効成分の種類や用量だけでなく、日本国内で販売されている同じメーカー・同じ製品を扱っているものもあります。
つまり全く同じものですが、値段が個人輸入代行のほうが安いことがあるのです。
これは主に特定の海外でしか製造されていない医薬品で国内で認可されているものもその国から輸入しなくてはならない、いわゆる輸入医薬品と呼ばれるものです。
ただし、国内で販売されている輸入医薬品の多くはいくつもの代理販売店の手に渡って、最終的に医師や薬剤師の手から直接消費者の手に渡されるのです。

その代理販売店の手数料や医師の診療代や薬剤師の調剤費などの中間コストが加算されていって高額な値段になってしまうことが多くあります。
一方、個人輸入代行は代行者が海外で調達して日本国内にいる消費者に直接に発送します。
かかる費用は、医薬品の代金と代行者への手数料、あと郵送料の3つだけです。
そのため、同じ海外医薬品であっても国内で購入するのと個人輸入代行で購入するのとでは価格が全然違ってくるのです。
その差は医薬品によっても違いますが、数千円の差となることが多くあります。

このように、医薬品の個人輸入代行は大きく海外ジェネリック医薬品と中間コストのカットから安く購入することができるのです。
もしも個人輸入代行を利用するときは、なるべく早めに注文をしておくことをオススメします。
というのも、国内で購入するときはその場で受け取ることができますが、輸入代行は注文してから約1週間後くらいに自宅に届くからです。
その間、必要とする医薬品がないという事態に陥らないように、手元にある医薬品がなくなりそうになったらすぐに注文しておくことが大切です。

そうしておけば、常に医薬品を手元にある状態で、必要なときに必要な分だけ利用することができます。

医薬品の個人輸入代行業者が、注目を集めています。

育毛剤や精力剤、避妊薬やダイエット医薬品は、使っている事実を他人に知られたくないものです。
その為、海外から医薬品の個人輸入代行業者を通じ、個人輸入する人が増えています⇒薬の個人輸入とは?
こちらのサイトには、医薬品の個人輸入代行業者の選び方、個人輸入するメリット等、私達が知りたいと思う情報が事細かに記載されています。
これから医薬品の個人輸入代行を検討されている方には、分かりやすく纏められていて、何をどうすれば良いのかが分かるのでお勧めです。

Comments are closed.